初心者でもよくわかるはじめての日経225オプション取引

先物初心者

日経225オプション取引とは、日経平均株価を対象とした株価指数オプションのことです。

株価指数を対象としたオプションには、他にTOPIXやJPX日経インデックス400などもありますが、日経225オプションが最も有名です。

日経平均先物とは異なり、日経225オプションは取引の自由度が高く、戦略次第では何倍ものリターンも狙えるとして人気です。

日経225オプションって何?

オプションとは通貨・債券・株式などについて、一定の期間内または一定の期日に、あらかじめ定めた価格で買う権利あるいは売る権利を売買する取引のことを言います。

日経225オプションの場合は日経平均株価一定の期間内または一定の期日に、あらかじめ定めた価格で買う権利(コールオプション)あるいは売る権利(プットオプション)を売買する取引のことになります。

日経225オプション取引は、満期日までに反対売買を行わなかった場合、満期日時点で本質的価値がある銘柄については権利行使により自動的に決済が行われます。

決済方法は、原資産価格との差額で決済を行う「差金決済」になります。満期日は第2金曜日の前営業日を取引最終日とする限月取引制を採用しています。またSQ日の前日までに決済されなかったポジションはSQ日に強制的に決済されます。

コールオプション

日経225オプションにおけるコールオプションは日経平均株価一定の期間内または一定の期日に、あらかじめ定めた価格で買う権利のことを言います。

この権利は市場で取引されており、買う事も売る事もできます。

プットオプション

日経225オプションにおけるコールオプションは日経平均株価一定の期間内または一定の期日に、あらかじめ定めた価格で売る権利のことを言います。

この権利は市場で取引されており、買う事も売る事もできます。

権利行使価格

コールオプションプットオプション共に日経平均株価を買う、または売ることができる権利の価格のこと。また権利行使価格に対してつけられた価格をプレミアムといいます。

日経平均と連動しているわけではない日経225オプション

日経平均と連動しているわけではない日経225オプション

日経平均が上昇すれば日経225オプションも上昇し、日経平均が下落すれば日経225オプションも下落する、これが一般的な日経225オプションの値動きです。

しかし、日経平均が例えば経済指標待ちで相場が静かな場合や、SQが近づいている場合などは値下がりしやすい傾向があります。

ボラティリティが低下した場合、例え日経平均が上昇してもコール・プット共に下がるケースもあります。

またSQ月のプレミアムは翌月のコール・プットへ移行する投資家が増えるため、SQが近くなるに連れて1円に近づいていきます。

強制決済されるまで持ち続ける投資家はあまりいないので、その場合でもコール・プット共に値下がりするんです。

日経平均が今月ここまで上昇が見込める、またはここまでの下落が見込める、と予想し、そこに満たないと考えうる場合はすぐに売られてしまいます。

まとめると

一見難易度が高い日経225オプションですが、それでも人気がある理由のひとつに「ハイリターン」というのがあります。

ここ数年で見ると、日銀が追加緩和をサプライズで発表した2014年10月、コールが200倍以上にまでなったこともあります。

このように株やFX・先物などでは起こりにくいハイリターンを狙えるのも日経225オプションの醍醐味と言えるでしょう。

もちろんハイリターンな分リスクもしっかり管理しないといけません。