【最新版】5G関連銘柄の本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄を考察

テーマ株

【最新版】5G関連銘柄の本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄を考察

株式市場において最重要テーマにもなっており、2020年に本格的なサービスが始まる新たな通信システム「5G」ですが、本格的な到来前に5G関連銘柄の本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄を考察していきます。

この記事では5G関連銘柄:本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄を考察するために「5G」の歴史からどのようなものなのか、関連株としてどのような企業が関わっているのかをご紹介し、考察していきます。

5Gとは?

「5G」とは、第5世代(5th Generation)移動通信システムの略称です。現在、スマートフォンなどで利用している「4G」の次世代通信システムである5Gの通信速度(10Gbps以上)は、現行4Gの約100倍と、通信速度が圧倒的に向上されることが特徴。目安では、2時間程度の映画を5Gだと約3秒でダウンロードできてしまうほどの速さになると言われています。

2015年9月に国際電気通信連合(ITU-R)が発行した小冊子に初めて5Gの性能要求が記載され、その後PCG(Project Co-ordination Group)の配下にある3GPPという組織によって5Gは定義されました。

2018年10月3日に催された総務省による「第5世代移動通信システムに関する公開ヒアリング」にて、各キャリアが2019年から一部の地域を対象とした5Gのプレサービスを開始する計画を発表。

2020年8月の東京オリンピック・パラリンピックまでには、各社ともに本格的な導入を行う予定だとされています。

5G誕生の歴史

通信技術の歴史は1G(第1世代移動通信システム)よりも以前からありますが、初めて実用化したアナログ方式の携帯電話に採用された通信システムとして1Gが誕生し、その後移動通信の技術によってコミュニケーションツールとしての進化をしてきましたが、インターネットの普及から電話からメール、メールからチャットなどに進化すると、通信速度や容量をまだまだ伸ばしていこうと次々と新たな移動通信システムが開発されていきます。

こうした中ついに移動通信技術が社会的領域へ変化していくことを踏まえ開発されてきたのが第5世代(5th Generation)移動通信システムこと5Gというわけです。

日本では2014年9月に、企業74社や専門家14人で構成される「第5世代モバイル推進フォーラム (5GMF The Fifth Generation Mobile Communications Promotion Forum)」が設立され、5Gの技術開発や標準化への取り組みが開始されました。

IoTの進化に必要不可欠な5G

「5G」が導入されることによって、基地局1台から同時に接続できる端末を、従来に比べて飛躍的に増やせます。

そのためスマートフォンのみならず家電、自動車、電車などあらゆる身の回りのものが、インターネットに接続することで簡単に利用でき、一層手間いらずになるためさらにIoT化が進むことが予想されています。

【2019年最新版】IoT関連銘柄の本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄を考察

【最新版】5G関連銘柄の本命銘柄を考察

工場の生産ラインや産業ロボット、家電や住宅、自動車などあらゆるモノをインターネットで接続するというIoTは、2020年に全世界で約500億台の機器がネット接続され、情報を吸い上げるために約2000億個のセンサーデバイスが必要になると試算されています。

さらに2025年までに世界で11億回線に達し、世界の人口に対するカバー率は34%にまで拡大すると予測されており、総務省によると、日本国内における経済効果は46兆8000億円と見込まれています。

そんな中で5G関連銘柄の本命とされている銘柄を3つご紹介します。

6754:アンリツ

6754:アンリツは携帯電話などのモバイル通信や無線LANシステムの開発・製造・保守に不可欠な「ワイヤレス計測」、「光計測」、IPネットワークの円滑な運用を実現する「IPネットワーク計測」およびネットワーク全体のパフォーマンスやサービス品質の向上をサポートする「サービスアシュアランス」を核に計測器事業を展開。

NGN(Next Generation Network)の構築を支えるさまざまなテストソリューションを提供しており、5G関連需要に対応した準備を徹底して行っています。

既に多くの投資家が5G関連本命株として注目しており、2017年に入ってから株価は上昇が続いています。

6754:アンリツ

6702:富士通

6702:富士通はNTTドコモと大容量化技術などの5G実験で協業しており、5G商用サービスの開始を目指した基地局制御装置のハードウエアを提供。

株価は2016年夏を底値をして上昇が続いています。

6702:富士通

3852:サイバーコム

3852:サイバーコム通信機器関連のソフト開発メーカーでLTE監視制御システムなどを手掛けており、通信ソフトの需要や車載関連機器の需要増が期待されています。

株価は2018年に入り急上昇し、その後は横ばいが続いていますが今後再び上昇してくる可能性も非常に高く多くの投資家が注目しています。

3852:サイバーコム

【最新版】5G関連銘柄の出遅れ銘柄を考察

これまで直接関与してこなかった銘柄やまだ市場で注目されていない銘柄などの出遅れ銘柄を検証していきます。

4390:IPS

2019年6月に子会社であるInfiniVAN, Inc.が、フィリピンでの無線通信周波数の割当申請を行い、割当を受けた周波数を用いて5Gの実証実験を行うと発表。

商用化への期待から下落傾向にあった株価も回復傾向にあり、2020年3月期上期実績でのフィリピン国内通信事業の大幅増収を受けた結果によって商用化実現の際の市場規模拡大が期待できます。

4390:IPS

6038:イード

2017年に自動運転技術や電気自動車(EV)、次世代通信規格5Gなどを契機に大きな発展が確実視される、自動車領域に特化したアクセラレーターとして「iid 5G Mobility」を立ち上げており、主にスタートアップ支援を目的とした取り組みを新たに展開していくと見られます。

2019年に入り上昇が続いた株価は長い調整局面を迎え再び上昇の兆しがあり、今後2020年に向けた出遅れ銘柄として注目です。

6038:イード

7587:PALTEK

2019年5月に子会社のエクスプローラが、インフォシティと協業し、2018年12月に総務省の「第5世代移動通信方式の実現による新たな市場の創出に向けた総合的な実証試験」に、4K対応H.265/HEVCコーデックシステムを提供し参加したと発表。

基地局側に設置したエンコーダから走行中電車に設置した車載局側のデコーダへ4K映像を伝送し、4Kディスプレイやスマートフォンにリアルタイムで映像が配信されて再生されることを確認できたとしており、5G必須の技術開発が出遅れとしての後押しになる可能性も十分。

7587:PALTEK

【最新版】5G関連銘柄の注目銘柄を考察

上記で取り上げた銘柄以外にも非常に多くの関連株があり、材料が出るたびに一時的な短期上昇が見込める銘柄が長期的に上昇が考えられる銘柄、また今後新たに5G関連銘柄として5Gに関わる事業展開を行うとみられる銘柄などをピックアップしていきます。

6778:アルチザネットワークス

世界中の通信事業者および機器ベンダー、研究所などのパートナーおよび顧客と協力して、新しい5G RANのシミュレーションとテストに特化したプロジェクトに参画。隠れ5G本命銘柄とも言えますが、主に短期トレード向けとして投資家も多く売買してる様子です。株価は2019年に入り4月にかけて上昇し、一旦調整を挟み再び上昇中。2014年の高値に迫る勢いで推移しています。

6778:アルチザネットワークス

4748:構造計画研究所

通信分野の開発に強く、「第5世代モバイル推進フォーラム」に参画し、研究開発や調査研究を行っており。こちらも隠れ5G本命銘柄。株価は2012年を底値に安定した上昇を描いており、5G本格参入が2020年であることを考慮すると長期投資向けかもしれません。

4748:構造計画研究所

5801:古河電気工業

電線大手の古河電気工業も5G本命銘柄と言えます、が2017年をピークに株価は下落傾向にあり今回は除外しました。中国の顧客による在庫調整が続き業績は下火。

欧州・アジアでの光ファイバ・ケーブル価格競争激化による減収、北米での光ケーブルの受注環境は良好なものの生産性改善・増産対応に遅れが生じており、さらには研究開発費、償却費の増加と良いとこ無しの状況。

しかし2020年以降の取り組みによっては株価回復の期待も十分にあり、将来的には注目できる銘柄でもあります。株価は2,200円台まで下落を想定した参戦が理想的。

5801:古河電気工業

【最新版】5G関連銘柄の本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄まとめ

既に数年前から注目が集まっている5G。東京都では、次世代携帯電話「5G」を構築して世界最速のモバイルインターネット網で世界最先端の都市を目指す「Tokyo Data Hightway」(東京データハイウェイ)戦略を2019年8月に発表しており、都の保有する建物の一部を5G基地局に開放するとしています。

市場規模の拡大やIoT関連銘柄などの連想買いなども考慮し株式市場での期待値は今最高潮に達していると言っても過言ではありませんので、本命銘柄・出遅れ銘柄・注目銘柄はしっかりとマークしておきたいですね。