相場のぼやき

相場のぼやき

じゃあ「売り」のタイミングっていつなの?

今回の新型コロナウイルスにおける経済活動の影響は国際通貨基金(IMF)が公表した世界経済見通しでも書いたようにリーマンショックがあった2008年から2009年にかけての世界金融危機のときよりもはるかに深刻だとされています。 しかし短期...
相場のぼやき

相場はポジティブに向かっている件

新型コロナウイルス対策で制限されている経済活動の再開に向けた期待などから、続伸して取引を開始。本日の日経平均株価も大きく上昇して取引を終えています。 昨日投稿しました指数が重要な局面に差し迫っている件において説明している、ピンクのライ...
相場のぼやき

指数が重要な局面に差し迫っている件

今晩のダウ平均株価、そして明日の日経平均株価とかなり重要な局面を迎えようとしています。 昨日更新した悪材料出尽くしで引き続き大幅高を狙いたい日経平均株価という記事にて、日経平均株価とTOPIXのバランスに注目していく必要と書きましたが...
相場のぼやき

悪材料出尽くしで引き続き大幅高を狙いたい日経平均株価

米国株式相場は上昇し、ダウ平均株価は558.99ドル高の23,949.76ドル、ナスダックは323.32ポイント高の8515.74ポイントで取引を終了。ダウ平均株価は4/9高値を更新しており、米国内の新型コロナウイルスの感染拡大がピークをつ...
相場のぼやき

相場は節目から次のステージへ

日経平均株価は3/6~3/9の窓に向かって上昇しており、このラインを超えられるかが非常に重要な局面となります。20,350円近辺のラインを明確に割り込んでもなんとか切り返して高値を奪還してきているからです。 例に挙げると2018年12...
相場のぼやき

先物一時19640円!2番底からの逆転なるか?

先物ナイトセッションが急上昇しており一時19,640円をつけました。この記事を書いている現在、安倍首相の記者会見が行われています。2番底確定か?ポイントはTOPIXという記事におきまして、エンベロープ下限を下回ることなく反転している状態と書...
相場のぼやき

2番底確定か?ポイントはTOPIX

昨今の事情を踏まえて指数の話と新型コロナウイルスの話が右往左往した記事が続きましたので、本日は指数の話と少しだけ個別株の話を。 命と経済の優先度という記事にて、「日足で興味深い点としては、日経平均株価はエンベロープの下限を下回っていま...
相場のぼやき

※追記あり※収入損失補填がなければ自力で稼ぐしかない

新型コロナウイルスに関連したお話です。 新型コロナウイルス感染症拡大による経済対策として、各府省及び地方公共団体等が実施している補助金・助成金が公表されています。 補助金も助成金も原則は返済不要ですので、必要な事業に該当する方は...
相場のぼやき

命と経済の優先度

3/27以降少し様子を見ながら書くタイミングを逃してしまい久しぶりとなりますが、まずダウン平均株価について、ダウ平均株価回復で日経平均株価のリバウンドを後押しなるかという記事をベースに見て、23,328.32ドルは超えてくる可能性について述...
相場のぼやき

日本とアメリカの経済政策におけるインパクトと株価

ダウ平均株価終値は1,351.62ドル高の22,552.17ドル、ナスダックは413.24ポイント高の7797.54ポイント。ダウ平均株価があまりに順調に上昇したので、日経平均先物も19,100円までつけています。 ダウ平均株価回復で...
相場のぼやき

リバウンド継続か否かの判断が難しい局面に突入

本日深夜に投稿したダウ平均株価回復で日経平均株価のリバウンドを後押しなるかにて「3/11安値19,393.25円は突破できないのではないか…そういう考えに結論づけるのが一般的な考えと言えるでしょう。」と書きましたが、後場引け前の15分で一気...
相場のぼやき

ダウ平均株価回復で日経平均株価のリバウンドを後押しなるか

おそらく今晩のダウ平均株価は終値で20,000ドルを超えて引けるか、またはその近辺で引けると考えられます。明確なリバウンド相場となったことで、既にリバウンド局面にある日経平均株価の後押しとなると考えられます。 ダウ平均株価の直近安値は...