新規公開株(IPO)って何?初心者向けIPOでチェックすべきポイント

新規公開株(IPO)って何?初心者向けIPOでチェックすべきポイント

新規公開株(IPO)って何?初心者向けIPOでチェックすべきポイント

新規公開株(IPO)って何?と思われる方、非常に多いかと思います。

株式投資を始めたもののIPOについてはよくわかっていない方、また簡単に儲けられると言ったサイトや雑誌の煽り文を読んで気になっている方のために、この記事では「IPOって何?」について解説し、実際にIPOに目を向けた場合にチェックすべきポイントをご紹介します。

結論から申し上げますと、公募割れしそうなIPOには乗らないことです。

どういう意味か、順を追って説明いたします。

新規公開株(IPO)とは?

IPOとはまだ上場していない企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。

企業が株式市場に上場するにあたって、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。

これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。

企業にとってIPOのメリットは?

企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となります。

また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

「社会的な信用が得られる」というのは、どんな企業でも上場できるわけではなく、会社の財務状況や業績、将来性についての審査を通過した企業であるということが社会的にはっきりするため、「信用を得られる」につながるわけですね。

昨今、大型企業の不正が次々とあきらかになりますが、今回はそういうことは一旦置いておき、一般的にはこのようなルールで信用を得て資金調達がしやすくなる、といったメリットがあります。

IPOは投資家にとってどんな魅力があるのか?

IPOは投資家にとってどんな魅力があるのか?

近年のIPOで投資家が期待するのは、上場してから株価が大きく飛躍している銘柄が非常に多い、という点です。

株価が何倍、何十倍にもなることもあります。

投資家はそこに目をつけるわけです。

しかし一方で「上場ゴール」という言葉もあり、これは上場後につけた初値がそのまま高値となり、株価が下がり続ける銘柄のことを言います。

上場した途端に株価が下がり続ける銘柄もありますので、どんなIPOでもいいというわけではありません。

投資家の中にはIPO投資しかしないという人もいますし、当然上場後に初値をつけてから売買をおこなう投機狙いの投資家も大勢いますので、特に大型案件(上場前から知名度のある企業が上場すること)は、一種のお祭りのように盛り上がっています。

このようにIPOは昔から人気が高く、注目を集める一大イベントとなっているんです。

初心者向けIPOでチェックすべきポイント

初心者向けIPOでチェックすべきポイント

新規公開株(IPO)について、ある程度おわかりいただけたと思うので、次に初心者がIPOでチェックすべきポイントをご紹介いたします。

IPOのメリット・デメリットを知ること

どんな投資でもメリット・デメリットは必ずあります。

IPOにはどんなメリットがあるのか、そしてどんなデメリットがあるのかを知っておくと、リスクを考えながら投資することができます。

IPOのメリットは?

IPOでは抽選で当選すれば、かなりの高確率で利益を出すことができます。

抽選というのは、証券会社にブックビルディングといって、IPOに参加するために証券会社を通じて申し込みをする必要があり、証券会社は当選枠を設けているんですね。

そのため誰でも確実にIPOに乗れるわけではないんです。

もし当選した場合、ほとんどの企業は上場する際の公募価格が比較的低く設定してあるため、初値が公募価格を上回ることが多いため、高確率での利益へとつながるわけですね。

公募価格とは、上場前の株の売り出し価格のことをいい、また上場初日に市場で初めてついた株価のことを初値と呼びます。

「公募価格に対して〇倍の初値がついた」というニュースをご覧になったことはありますか?

ほとんどのIPOが上場し初値をつけた時点で公募価格を上回っているんです。

IPOを申し込むには、まずIPOを取り扱っている証券会社に口座を開設し、抽選に申し込みます。

当選できたら、証券会社に購入意思を伝えます。

もちろんこの時点で、購入しないことも選択できるので期日までに利益が出る銘柄かどうか必ず確認する必要があります。

また落選した場合でも資金は減りませんので、何度でも挑戦できます。

上場したら成行き注文で売りに設定しておけば、初値がついたら売る事ができます。

IPOのデメリットは?

抽選に参加する投資家は非常に多く、当選確率は非常に低いもの事実。

そういった点においてはデメリットと言えるでしょう。

また万が一当選したとしても、公募割れしないIPOでないと利益にはできません。

公募割れとは、初値が公募価格を割ってしまう事。公募価格1000円なのに初値が900円だったら損失になってしまいます。

IPOのデメリットを少しでも回避するために

IPOが当選しても損しては意味がないので、公募割れしない銘柄を選ぶ必要があります。

冒頭で申し上げた結論「公募割れしそうなIPOには乗らないこと」がこのことを指しています。

具体的にどういった点を意識すればいいか、ご説明いたします。

目論見書を確認する

IPOに当選後、購入するかしないかの意思表示の時点で、証券会社から目論見書の内容を確認するよう要求されます。

その目論見書にて会社の業績が確認できるので、直近の業績が赤字の場合は、投資家から人気がないため購入は控えたほうがよいでしょう。

また企業によって、売り出す株数は違います。

つまり公開株数が多ければ多いほど、売り注文が多くなるため、株価が下がって公募割れを起こす原因になります。

新規公開株数についても目論見書の「新規発行株式」が確認できますので、他の銘柄と比べ、明らかに多いと思う場合は購入を控えたほうが良いでしょう。

公募価格を確認する

IPOには公募価格を決める前に設定されている「仮条件」というものがあります。

まずIPOの仮条件の価格が「1,000円~1,500円」などと提示されるとしたら、投資家がその仮条件の価格を見て、仮条件の範囲内で希望価格を提示します。

そして公募価格が決まるわけですが、公募価格と比べて上限じゃない場合は購入を控えたほうがよいです。

人気がないIPOはブックビルディングでも値が上がらないので、公募価格も仮条件の上限まで上がらない場合が多いんです。

これらを考慮した上で条件のいいIPOを探す必要があります。

まとめると

IPOには何と言っても、当選した場合、「大きな利益を得られる可能性がある」という夢のような魅力があります。

言い方を変えると、運さえ良ければ大きな利益を得られる可能性があるという事です。

しかしIPOならなんでもいいというわけではありませんから、既述したような条件はしっかりと把握しておきましょう。