投資用語辞典(さ)から始まる投資用語

投資用語辞典(さ)から始まる投資用語

投資用語辞典(さ)から始まる投資用語の一覧です。

裁定取引

裁定取引とは、連動性のある銘柄を組み合わせ、株価と理論価格のズレを利用して売買し、価格差を稼ぐ取引のことを言います。
アービトラージとも呼ばれます。

裁量トレード

裁量トレードとは、トレーダーの直感による取引。これとは対照的にシステムトレードとは、思いつきや直感を排除し、一定の売買ルールに基づいて行う取引のことを言います。

最良執行

最良執行とは、証券会社が株の売買注文を受けた時に、顧客に最大の利益をもたらすように手続きすることを言います。

サーキット・ブレイカー

サーキット・ブレイカーとは、シカゴ・マーカンタイル取引所とニューヨーク証券取引所がそれぞれ独自に導入した「注文制限」、「値幅制限」、「取引停止」などの価格乱高下防止措置のことを言います。
1987年10月におきた米国株式の大暴落(ブラックマンデー)が導入のきっかけとなっています。

材料

材料とは、株価を動かす要因となるニュースのことを言います。
個別企業では、四半期決算であったり、新製品の発表、製品のリコール、企業合併などがあります。
マーケット全体に影響する材料としては、為替であったり、海外市場の急変、公定歩合、テロ、戦争などがあげられます。
株価上昇要因となるニュースを好材料、その反対に株価下落要因となるニュースを悪材料と言います。

材料待ち

材料待ちとは、株式市場が手掛かりを失って動けなくなり、新しい話題を待ってる状態のことを言います。

債務超過

債務超過とは、企業のバランスシートで、負債が資産を上回っている状態のことを言います。

指値注文

指値、指値注文とは、注文を出すとき、値段を決めて注文することを言います。

材料株

材料株とは、景気動向などに関係なく、個別に材料のある銘柄のことを言います。

財政再建

財政再建とは、赤字国債に依存した財政を立て直すことを言います。

サブプライムローン

サブプライムローンとは、主にアメリカ合衆国において貸し付けられるローンのうち、サブプライム層(優良客(プライム層)よりも下位の層)向けとして位置付けられるローン商品のことを言います。

サプライチェーン

サプライチェーンとは、個々の企業の役割分担にかかわらず、原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの全プロセスの繋がりのことを言います。

ザラ場

ザラ場とは、寄付きと引けの間のことで、9時の前場寄り付きから11時30分の前場引け、そして12時30分の後場寄り付きから15時の大引けまでの時間のことを言います。

ザラ場引け

ザラ場引けとは、前引け・大引けで値段がつかず、ザラ場の途中に付いた株価のまま、取引が終了してしまうことを言います。
流動性の低い小型株に多く見られ、他にはザラ場中に大きな材料が出てストップ高・ストップ安になったときにも、ザラ場引けとなることがあります。