投資用語辞典(し)から始まる投資用語

投資用語辞典(し)から始まる投資用語

投資用語辞典(し)から始まる投資用語の一覧です。

地合い

地合いとは、ある銘柄や株式市場全体、相場の状態(値動き)のことを言います。
取引が活発に行われていて、株価が上昇する傾向にあると「地合いが良い」といい、反対に、取引量が少なく、株価が下落傾向にあると「地合いが悪い」という言い方をします。

塩漬け

塩漬けとは、値下がりした株を、見切らずに長期間保有することを言います。塩漬け株と表現する場合もあります。

時価総額

時価総額とは、株価に発行済み株式数を乗じたものを言います。
個別銘柄の時価総額は「時価総額=株価(終値)×上場株式数」で算出されます。

時価会計

時価会計とは、企業が保有する株式・債券・金融派生商品などの金融資産を取得価額でなく、時価で評価して損益処理をすることを言います。

自社株買い

自社株買いとは、企業が過去に発行した自社の株式を買い戻す行為を言います。
企業は、買い戻した後に消却することで発行済み株式数を減らすことができます。 その結果、1株当たりの利益や資産価値を向上させることになり、経営指標を良くすることができるのです。

直取引

直取引とは、法人間、個人投資家の間で証券会社を通さず株の売買をすることを言います。

シコリ

シコリとは、信用取引による買いが多く、しかも思惑がはずれて損になっているため動きが取れなくなっている状態のことを言います。そしてこの状態の株をシコリ玉と言います。

材料株

材料株とは、景気動向などに関係なく、個別に材料のある銘柄のことを言います。

財政再建

財政再建とは、赤字国債に依存した財政を立て直すことを言います。

市場コンセンサス

市場コンセンサスとは、株式、債券、為替を始めとする全てのマーケットでは常に、大多数の人が納得する平均的な見解のことを言います。

乗数効果

乗数効果とは、一定の条件下において有効需要を増加させたときに、増加させた額より大きく国民所得が拡大する現象のことを言います。

ショート

ショートとは、売り、売ることを言います。また売りのポジションを持つことをショート・ポジションと言います。反対に買うことをロングと言います。

ショートカバー

ショートカバーとは、空売りしたポジションを買い戻すことを言います。

ショートスクイーズ

ショートスクイーズとは、損切りのショートカバーに意図的に買いをぶつけて売り方を締め上げることを言います。

仕手株

仕手株とは、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、公開市場で大量に投機的売買を行う相場操縦の一種のことを言います。

信用取引

信用取引とは、一定の資金や株券などを担保に、証券会社から融資を受けて株を買ったり売ったり出来る取引のことを言います。
売買の後、顧客は基本的に6カ月の期間内に資金や株式の返済をして決済する仕組みになっています。

信用倍率

信用倍率とは、「信用買い残÷信用売り残」で計算される比率のことを言います。

スイングトレード

スイングトレードとは、おおよそ1日以上~数週間程度で利幅を狙う短期売買のことを言います。1日以内の短期売買はデイトレードと言い、1日以上であれば期間の定義はなく、1ヶ月以内のトレードであればスイングトレードと表現する場合もあります。

スキャルピング

スキャルピングとは、デイトレーダーが短時間の売買で、僅かな利幅を素早く掬い取る行為を言います。

ストックオプション

ストックオプションとは、経営者や従業員に自社株を一定の価格で購入する権利を与える制度のことを言います。

ストップ高

ストップ高とは、前日の終値から一定の範囲に制限された値幅いっぱいまで上昇することを言います。

ストップ安

ストップ安とは、前日の終値から一定の範囲に制限された値幅いっぱいまで下落することを言います。

ストップロス

ストップロスとは、投資家が自身で定める損切りラインのことを言います。

ストラテジスト

金融の分野におけるストラテジストとは、投資等の戦略を立てる専門家のことを言います。

ストレス・テスト

ストレス・テストとは、予想できる最悪のシナリオを考え、どこまで損失が出るかをシミュレーションすることを言います。

スリッページ

スリッページとは、注文を出した価格と実際に成立した価格との差のことを言います。相場が大きく変動した場合には、大きなスリッページが発生する可能性があります。

スワップ取引

スワップ取引とは、一定の期間に渡って金銭をスワップ(交換)し合う取引のことを言います。交換の対象となるものとして、金利、外国通貨、商品、有価証券店頭指数等さまざまなものがあります。