投資用語辞典(て)から始まる投資用語

投資用語

投資用語辞典(て)から始まる投資用語の一覧です。

低位株

低位株(ていいかぶ)とは、1単元当たりの株価の水準が低い銘柄のことを言います。
反対に1単元当たりの株価の水準が高い銘柄のことを値嵩株(ねがさかぶ)と呼ばれています。

ティック

ティックとは、株価の動きまたは、株価が上下に動く最小単位のことを言います。

ディスクロージャー

ディスクロージャーとは、企業が投資家や取引先などに対し,経営内容に関する情報を公開することを言います。

手口

手口とは、主に株式取引や株価指数先物取引、商品先物取引などで使われる用語で、ある銘柄の取引の売り手と買い手、およびその数量の情報のことを言います。

手仕舞い

手仕舞い(てじまい)とは、株式や為替などの取引において、保有しているポジションを決済することにより、現金化することを言います。

手張り

手張り(てばり)とは、証券会社の従業員、もしくは役員が、個人の資金で株式投資を行うことを言います。
証券会社の従業員などが個人で株式売買することは、法律上禁止ではありませんが、証券会社側が売買の禁止や規制をしている場合が多いです。

デフォルト

デフォルトとは、債券の発行者が破綻等の原因によって、元本や利息の支払いを遅延したり、停止したりしたあげく、元本の償還が不能となりかねない状況のことを言います。
日本語では「債務不履行」とも呼ばれています。

出来高

出来高(できだか)とは、株等が1日、または1週間や1か月に成立した売買の数のことを指し、株の場合は株数、先物の場合は枚数で表されます。