投資用語辞典(は)から始まる投資用語

投資用語辞典(は)から始まる投資用語

投資用語辞典(は)から始まる投資用語の一覧です。

配当

配当とは、金銭等を「割り当てて配ること」あるいは「割り当てて配られたもの」を言います。
株式投資における配当とは会社が得た利益の一部を株主へ支払うものです。

配当落ち

配当落ちとは、決算期が過ぎると配当をもらう権利が無くなるので、その分を株価から落とすことを言います。

ハイパーインフレ

ハイパーインフレとは、きわめて短期間に物価が数十倍、数百倍になるような激しいインフレのことを言います。

端株

端株(はかぶ)とは、株式の併合や分割などによって発生した、市場での取引単位に満たない株式のことを言います。

跛行色

跛行色(はこうしょく)とは、株式市場において相場の特定の状況のことを言います。
具体的には、同じ時期に株価が上昇している銘柄がいくつもあるのに対して、その一方で株価が下降線をたどっている銘柄も少なくないときに、跛行色という表現がなされています。

パッシブ運用

パッシブ運用とは、インデックス(株価指数)などへの連動を目指す消極的な運用のことを言います。
反対に積極的な運用のことをアクティブ運用と言います。

売買高

売買高とは、株式や債券が市場で売買された株数のことを言います。

売買代金

売買代金とは、株式や債券が市場で売買された金額のことを言います。

バリュー投資

バリュー投資とは、企業価値に比べ割安に放置されている銘柄に投資する方法のことを言います。割安株とも言います。
また企業の成長性に着目して投資する方法をグロース投資と言います。

嵌め込み

嵌め込み(はめこみ)とは、仕手筋、証券会社、投資顧問などが保有している、または関わっている、どうしても売りたい株を、必ず上がるなどと言って、一般投資家を騙し高値で買わせる行為のことを言います。

バスケット取引

バスケット取引とは、機関投資家などがデリバティブ取引やポートフォリオの入れ替えに伴い、複数の銘柄をまとめて売買することを言います。

反発

反発とは、下がり続けてきた相場が反転して上昇することを言います。

反落

反落とは、上がり続けてきた相場が反転して下落することを言います。