投資用語辞典(英字 A-Z)から始まる投資用語

投資用語辞典(英字 A-Z)から始まる投資用語

投資用語辞典(英字 A-Z)から始まる投資用語の一覧です。

ADP雇用統計

ADP雇用統計とは、アメリカの給与計算代行サービス大手のオートマティック・データ・プロセッシング(ADP)社のデータを利用して、全米の非農業部門雇用者数の予測をするために開発された統計のことを言います。

ASEAN

ASEAN(アセアン)とは、東南アジア10カ国の地域協力機構のことを言います。
正式名称はAssociation of South East Asian Nations(東南アジア諸国連合)。

ETF

ETFとは、特定の株価指数、債券指数、商品価格(商品指数を含む)などに連動することを目的に運用される投資信託のことを言います。上場投資信託とも言います。

FOMC

FOMCとは、FRS(連邦準備制度)の構成機関のひとつで、アメリカの金融政策の一つである公開市場操作の方針を決定する委員会のことを言います。

FRB

FRBとは、FRS(連邦準備制度)の構成機関のひとつで、アメリカの金融政策策定にあたる理事会のことを言います。連邦準備理事会とも言います。

GPIF

GPIFとは、日本の公的年金(厚生年金と国民年金)の年金積立金の管理・運用を行う独立行政法人のことを言います。
年金積立金管理運用独立行政法人とも呼ばれ、運用資産額は約130兆と言われています。

GDP

GDPとは、国内総生産のことで、日本国内で1年間に生産された物やサービスの総額のことを言います。
生産面から一国の経済規模を示す代表的な指標で、GDPの伸び率を経済成長率と呼びます。

GNP

GDPとは、国民総生産のことで、国全体の経済の大きさを測る指標のひとつです。

iDeCo

iDeCo(いでこ)とは、加入者が自分で拠出し、積み立てた掛金を自己の裁量で運用する年金制度のことを言います。
60歳から年金または一時金として受け取ることができ、掛金は全額が所得控除の対象となります。個人型確定拠出年金とも言います。

IoT

IoTとは、情報・通信機器だけでなく、身の回りにある家電、インフラなどのあらゆる機器やシステムをインターネットとつなげて相互に情報を通信する技術のことを言います。
正式名称はInternet of Things。モノのインターネットとも呼ばれています。

IPO

IPOとは、少数株主に限定されている未上場会社の株式を証券取引所(株式市場)に上場し、株主数を拡大させて、株式市場での売買を可能にすることを言います。

IR

IRとは、株主・投資家に対し、企業活動全般の理解を深めてもらうことを目的として企業説明会や紙媒体、インターネットなどを通じて、企業の経営戦略、決算・財務・業務情報など、投資判断に必要な情報を公開することを言います。

ISINコード

ISINコード(アイシンコード)とは、国際証券コード仕様ISO6166で定められている全世界共通の12桁の証券識別コードのことを言います。

ISM非製造業景況感指数

ISM非製造業景況感指数とは、毎月第3営業日に全米供給管理協会が発表している非製造業の景況感を示す指数のひとつです。

JPX日経インデックス400

JPX日経インデックス400とは、日本経済新聞社、日本取引所グループと東京証券取引所が共同開発した日本株の時価総額加重平均型の株価指数のことを言います。

MBO

MBOとは、会社の経営陣が、金融支援を受けることによって、自ら自社の株式や一事業部門を買収し、会社から独立する手法のことを言います。

MPO

MPOとは、企業が、転換社債型新株予約権付社債(CB)、もしくは優先株式や新株予約権を第三者割当増資によって証券会社に対して発行し、資金調達をおこなう手法のことを言います。

M&A

M&Aとは、企業の合併・買収、または株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などのことを言います。

NASDAQ

NASDAQ(ナスダック)とは、1971年に全米証券業協会の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業向け株式市場のことを言います。

OPEC

OPEC(オペック)とは、加盟国の石油政策を協議し、石油価格の調整や供給量の安定化をはかるため1960年9月に設立された石油輸出国機構のことを言います。

OECD

OECDとは、世界中の経済、社会福祉の向上を促進するための活動を行う国際機関のことを言います。日本での表記は「経済協力開発機構」。

PBR

PBRとは、株価純資産倍率のことで、当該企業について市場が評価した値段(時価総額)が、会計上の解散価値である純資産(株主資本)の何倍であるかを表す指標のことを言います。
株価を一株当たり純資産(BPS)で割ることで算出されます。

PER

PERとは、株価収益率のことで、株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用されます。
時価総額÷純利益、もしくは、株価÷一株当たり利益(EPS)で算出されます。

PTS

PTSとは、投資家が証券取引所を経由せずに株式などを売買できる私設取引システムのことを言います。

REIT

REIT(リート)とは不動産投資信託のことで、主に不動産に投資し資産運用を行う上場投資信託のことを言います。

ROI

ROIとは、投下した資本に対してどれだけ利益が上がったかを表す指標のことを言います。
正式名称はReturn On Investment。投資利益率とも呼ばれています。

ROE

ROEとは、企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合のことを言います。
計算式はROE=当期純利益÷自己資本またはROE=EPS(一株当たり利益)÷BPS(一株当たり純資産)で算出されます。
正式名称はReturn On Equity。自己資本利益率とも呼ばれています。

SDGs

SDGs(エスディージーズ)とは、17のゴールと169のターゲットから構成される世界共通の目標で、地球上の誰一人として取り残さない平和で豊かな社会の実現を目指す取り組みのことを言います。
Sustainable Development Goalsの略称で、持続可能な開発目標とも呼ばれています。

SOR注文

SOR注文とは、国内取引所や私設取引所(PTS)など複数の市場から最良価格がある市場を自動的に選び、売買を執行する注文のことを言います。

S&P500

S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表している、アメリカで時価総額の大きい主要500社で構成する時価総額加重平均型の株価指数のことを言います。

TOB

TOBとは、とは経営権の取得、買収などを目的に不特定多数の株主に公告(買い付け株数・価格・期間)して、市場外で株の買い付けを行うことを言います。
「株式公開買い付け制度」でTake Over Bidの略語です。

WTI

WTIとは、ウェスト・テキサス・インターミディエイトの略語で、米テキサス州沿岸部で産出される原油の総称のことを言います。
アメリカ国内で産出される原油の6%・世界で産出される原油の1~2%ほどを占めています。

■これから株式投資を始めたいと考えている方へ↓
株初心者のための株式入門【9つのステップでわかるはじめての株式投資】

■長期的に大底となり得る2020年のうちに株式投資を始めてみる↓

楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。
1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。
2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール
口座開設料・口座管理料は無料!
資料のご請求はこちら→楽天証券