投資用語辞典(か)から始まる投資用語

投資用語

投資用語辞典(か)から始まる投資用語の一覧です。

買方金利

買方金利(かいかたきんり)とは、株式の信用取引のコストの一つで、信用買い(空買い)で必要な資金を借りる際に支払う金利のことを言います。
信用買いでは、証券金融会社や証券会社から資金を借りて株式を買うという仕組みのため、その借りた資金(約定金額)に対して金利が発生するというものです。
現在、その水準(年率表示)は証券会社によって異なり、また制度信用取引より一般信用取引の方が高くなっているところが多くなっています。

買い気配

買い気配とは、マーケット(市場)において、買いの注文に対して、それに見合う売りの注文がなく、取引が成立しない状態(値がつかない状態)のことを言います。市場で買い方の提示する値段のことをいう場合もあります。
気配とは、ある銘柄について、約定が最優先される買い方および売り方の注文値段のことを言います。

買い増し

買い増し(かいまし)とは、既に買い玉を持っている状態で、さらに買い建てることを言います。反対に売り玉を持っている状態で更に売り建てることを「売り増し(うりまし)」と言います。

外需株

外需株(がいじゅかぶ)とは、輸出や海外現法の売上など、海外事業が収益の大きな柱となっている業種の株式(銘柄)を言います。「輸出株」とも呼ばれます。

株価

株価とは、株式市場(マーケット)において、株式の値段(価格)のことをいいます。
また株価に対して、株式市場全体の値動きを総合的に捉えて表示するために、複数の銘柄の株価を一定の計算方法によって指数化し、継続的に算出・公表されているものを「株価指数」と言います。

空売り

空売り(からうり)とは、株式の信用取引の「信用売り」のことで、証券会社に一定の保証金を預け、株を持たず、あるいは持っていてもそれを使用せずに、他から株を借りて市場で売ることを言います。