投資用語辞典(き)から始まる投資用語

投資用語

投資用語辞典(き)から始まる投資用語の一覧です。

逆行高

逆行高(ぎゃくこうだか)とは、相場を下げる要因(材料)があるにもかかわらず、逆に相場が高くなることを言います。これは、主に株式や商品先物などの相場で使われる用語で、市況ニュースなどでよく目にします。また、相場全体が低迷する中で、ある一部の銘柄だけが反対に値上がりする場合にも使われます。

逆行安

逆行安(ぎゃくこうやす)とは、相場を上げる要因(材料)があるにもかかわらず、逆に相場が安くなることを言います。これは、主に株式や商品先物などの相場で使われる用語で、市況ニュースなどで稀に目にします。また、相場全体が上昇する中で、ある一部の銘柄だけが反対に値下がりする場合にも使われます。

ギャップアップ

ギャップアップとは、前日の終値よりも当日の始値が高値で寄り付くことを言います。
前日の海外市場の相場が大きく上昇した場合や、取引時間外に何らかの好材料となるニュースが出た場合などに、寄り付き前に売り注文を上回る買い注文があることにより起こります。「上に窓をあける」「上放れる」と呼ばれる場合もあります。

ギャップダウン

ギャップダウンとは、前日の終値よりも当日の始値が安値で寄り付くことを言います。
前日の海外市場の相場が大きく下落した場合や、取引時間外に何らかの悪材料となるニュースが出た場合などに、寄り付き前に買い注文を上回る売り注文があることにより起こります。「下に窓をあける」「下放れる」と呼ばれる場合もあります。

急騰

急騰(きゅうとう)とは、相場(価格、値段)が急速に大きく上げることを言います。これは、通常、個別銘柄の短い期間での動きについて言うことが多いですが、一方で、より長期の動きや相場全般について言う場合もあります。

急反発

急反発(きゅうはんぱつ)とは、下げていた相場が一転して大きく値上がりすることを言います。
反対に、上げていた相場が一転して大きく値下がりすることを「急反落」と言います。

急反落

急反落(きゅうはんらく)とは、上げていた相場が一転して大きく値下がりすることを言います。
反対に、下げていた相場が一転して大きく値上がりすることを「急反発」と言います。

急落

急反落(きゅうらく)とは、相場(価格、値段)が急速に大きく下げることをいいます。これは、通常、個別銘柄の短い期間での動きについて言うことが多いですが、一方で、より長期の動きや相場全般について言う場合もあります。

玉(ぎょく)

玉(ぎょく)とは、「建玉」とも呼ばれ、手持ちのポジションのことを言います。
信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などにおいて、取引約定後に反対売買されずに残っている未決済分、もしくは未決済になっている契約総数のことをいい、また買付けとなっているものを「買い玉」、売付けとなっているものを「売り玉」と言います。

切り返し

切り返しとは、下落していた相場が上昇に転じることを言います。
相場が下落し、売りが一巡した後に上昇へと転じ、値上がりに変わる状態のことを指し、具体的には、何らかの好材料が出たり、市場の地合いが好転した時などに起こります。