今さら聞けない日経平均の基本!225銘柄の選定基準や特徴を初心者向けに解説

今さら聞けない日経平均の基本!225銘柄の選定基準や特徴を初心者向けに解説

株初心者の方でも日経平均という言葉を耳にしたことがあると思います。

よくニュース番組の最後の方などで為替と一緒に伝えられている数字ですね。

この日経平均という指標は日本の経済がわかると言っても過言ではないほど重要なもので、株やってないからわからない、という人ばかりでもありません。

経済に興味がある方なら株などの投資をやっていなくても知っているものですので、ここで改めてご説明させていただきます。

日経平均とは

日経平均とは日本経済新聞社が算出している指標です。

東証1部に上場している企業の中で幅広く取引されている225銘柄を算出します。

これを総称して225採用銘柄と呼ばれています。

225採用銘柄の株価を銘柄数で割って平均値を出し、過去からの連続性を持たせるための特殊な修正を加え算出された数値が日経平均と呼ばれるものになります。

225採用銘柄は定期的に入れ替えが行われ、また1銘柄当たりの日経平均に与える影響を寄与度と言い、銘柄によって寄与度が調整されるため平等に割っているわけでもありません。

みなし額面の調整と除数の修正が行われます。

これは日経平均株価の算出時に指標の連続性を維持するため、と言われています。

日経平均はどんな企業が採用されているのか

日経平均はどんな企業が採用されているのか

日経平均に採用されている225の企業は、聞いたことのある日本を代表する大企業ばかりです。

例えば食品関連会社だったら、キッコーマン明治ホールディングスキリンホールディングスサッポロホールディングス味の素など。

電気機器の関連会社だったら、NECソニー富士通日立パナソニックなど。

自動車の関連会社だったら、トヨタホンダ日産三菱いすゞなどといったように、聞いたことのある企業名ばかりが名を連ねていますよね。

ではこれらの銘柄はどのように選定されたのでしょうか?

日経平均の選定基準とは?

日本経済新聞社が作成する「日経平均株価構成銘柄選定基準」によると、日経平均株価の銘柄を入れ替えるにあたって以下の3つの基準が重視されています。

(1)市場での流動性が高いこと
(2)セクター間のバランスを考慮すること
(3)臨時の入れ替えでは企業の実態を考慮すること

選定の順序としては、日本経済新聞社の定めている独自の売買代金基準を用いて、東証1部に上場する全銘柄の中から流動性の大きな順に450銘柄が選出され、絶対採用基準と呼ばれる基準に基づき、450銘柄中75銘柄を決定し、残りの150銘柄はセクター間によるバランスを重視して決定しているようです。

その際に現在採用されている225銘柄の中で、450銘柄にもれた銘柄は絶対除外基準と呼ばれる基準に基づき、その時点で組み換え対象となります。

日経平均の特長

日経平均の特長

日経平均は、先ほども説明したように1銘柄当たりの日経平均に与える影響に伴って、銘柄によって寄与度が調整されています。

少し難しい表現ですが、簡単に言えば225銘柄の株価の合計を225で割ればいいのに、そうではないっていうこと。

これは225採用銘柄の組み換えの際に影響を及ぼすことが理由のひとつにあります。

組み換えで除外される銘柄は、業績が悪いから除外されてしまうわけで、つまり株価が低い状態で除外されます。

一方で、新規採用銘柄は、業績がいいから採用されるので、株価も高いんです。

そのまま255で割った数値では組み換えのタイミングで日経平均が大きく上昇してしまうため、連続性を維持するために調整が行われています。

またもう1点大きな特長として、みなし額面方式というのがあります。

2001年の商法改正まで各社の株式にはだいたい額面がありましたが、現在は廃止され、日経平均だけが採用しています。

額面とは株券を発行する際に書かれている1株あたりの金額のこと。

これは225銘柄に採用されている銘柄それぞれの株価の問題で、3桁の株価の銘柄もあれば、5桁の株価の銘柄もあります。

これらをそのまま225で割ろうとしても均等にはなりません。

そのため、全ての銘柄を均等に割れる様に額面を調整しているわけですね。

例えば、

額面5万円の銘柄の株価が100万円だった場合、
この株価が指数算出に影響しないように、額面50円に換算し、株価を1000円として計算する

という仕組みです。

みなし額面は銘柄によって異なるので理解しにくいかもしれませんが、仕組みさえ知っていれば十分でしょう。

そして、日経平均最大の特長であると同時に問題点にもなっているのが、みなし額面方式採用後に、株式分割を行った影響から、額面に換算した後、分割しただけ倍に掛け算して計算している点です。

これらの影響から付与度指数が大きくしまった銘柄として有名なのが、「ファーストリテーリング」「ソフトバンク」「ファナック」です。

これらの企業の株価が変動が大きかった場合、日経平均も大きく変動してしまいます。

こちらのサイトには日経平均の寄与度ランキングが掲載されていますので、日々どんな風に変動しているのか見てみるとわかりやすいかもしれません。

日経平均株価 リアルタイムチャート

日経平均の基本(まとめ)

日経平均は225の日本を代表する企業の株価を複雑な計算方法で割った日本経済新聞社が算出している数値。

目立った動きをしやすい銘柄は「ファーストリテーリング」「ソフトバンク」「ファナック」

と覚えておくといいでしょう。

■これから株式投資を始めたいと考えている方へ↓
株初心者のための株式入門【9つのステップでわかるはじめての株式投資】

■長期的に大底となり得る2020年のうちに株式投資を始めてみる↓

楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。
1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。
2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール
口座開設料・口座管理料は無料!
資料のご請求はこちら→楽天証券