日銀金融政策決定会合は追加緩和見送りも将来の利下げを示唆

経済

日銀は31日の金融政策決定会合で、焦点となっていたマイナス金利の拡大は見送り現状維持とし、政策金利の先行きを予告するフォワードガイダンス(先行き指針)の修正が発表されました。

また将来の利下げを示唆しており、決定文では「『物価安定の目標』に向けたモメンタム(勢い)が損なわれるおそれに注意が必要な間、現在の長短金利の水準、または、それを下回る水準で推移する」と明記。

先物は毎度の如く多少の反応はありましたが直ぐに落ち着きを取り戻し通過しました。