米雇用統計とISM製造業景況指数の結果を受けた先物・ダウ平均株価の値動きは?

先物

本日は「米雇用統計」と「ISM製造業景況指数」の発表があり日中も終値に向けた様子見ムードが広がっていましたが、先物が段階的に上昇し一時2,2990円まで上昇しています。

非農業部門雇用者数は前月比12万8000人増。

ISM製造業総合景況指数は48.3と、前月の47.8から上昇したものの市場予想は下回りましたが先物は上昇。

これら2大指標を逆手に為替の短期トレードを行う投資家が非常に多かった様子が見受けられました。

ダウ平均株価は27,288.74ドルと大きく上昇してスタートしています。