9984:ソフトバンクグループの株価考察

9984:ソフトバンクグループの株価考察

9984:ソフトバンクグループの株価考察です。考察からの値動きを追いながらその後の推移について検証していきます。

11/4 9984:ソフトバンクグループの株価考察

こちらは11/4に更新済みの記事です。

今週気になる銘柄(11/5)

11/5 9984:ソフトバンクグループの株価考察

投資家目線ですと問題は山積みですが、そのおかげで下落していたのがいい具合に押し目買いとなったわけですね、日経平均が強いと感じるときには案外わかりやすい動きをしてくれるものですので、デイトレ感覚で利益を確保するに相応しい銘柄のひとつです。

本日発表された4-9月期営業利益(国際会計基準)は前年同期比6.5%増の5519億円。

2020年3月期 第2四半期 決算説明会

11/5 9984:ソフトバンクグループの株価考察

11/6 9984:ソフトバンクグループの株価考察

今日利益確定した投資家も多いと思いますが、昨日同様デイトレ感覚で利益を確保するのが妥当でして、明日でいえば空売りを含めた売買がよさそうですね。10/25安値にどこまで接近するのか、または割ってしまうのかにも注目です。

11/6 9984:ソフトバンクグループの株価考察

11/7 9984:ソフトバンクグループの株価考察

案の定寄付きは下落しましたが、それらを覆すほどの買いも殺到したことで短期資金やら買戻しやら激しい攻防となり出来高は2月の水準にまで達しました。

ファンド事業での損失がありながらも強気発言もあった孫さんの底力というか孫さんブランドも多少ありますね、大きな失敗もするけどその分大きな成功もする人だと考えている投資家も多いと思います。そういった意味では2016年あたりからの上昇も理解できますが、長期トレンドで考えると3800円台までの下落は免れないので何とか3,900円以下とならないような攻防が今後も考えられます。長期的には絶好の押し目ですが今回の決算の結果によって買いに行けない投資家が多いのも事実かと思います。年末にかけて一番慎重に動きを見ていく必要がありそうです。