日経平均は再び上昇するも今後の展開が読みにくい絶妙な高値

日経平均は再び上昇するも今後の展開が読みにくい絶妙な高値

さて、タイトルの通りですが日経平均は再び上昇するも今後の展開が読みにくい絶妙な高値です。

11/21の記事で現時点で少なくとも23,300円台に向けた戻しが入らない限りは23,000円台割れが今週中に明確になってくる可能性が出てきました。と書きましたが、23,000円割れが一瞬起きた先週以降上昇に転じ23,300円台にまでのし上がってきている状態。

私が日頃監視している独自ラインも超えてきたため、11/1からのレンジ相場入りが想定されます。つまり今日もしくは明日にかけて11/8高値23,591.09円を試す動きとなるかもしれません。

しかしここを超えてくるとは現時点では想定しずらく、直近2番天井程度に留まり下落となるのが自然な流れですので、23,300~23,500の値幅は先物ショートも狙える可能性があります。

ちょっと値幅がありますが、ピンポイントを狙うなら23,500円台、ここまで伸びずに下落しそうなら無理なショートは狙わずどこまで下落するかを見ながらの動きとなりそうです。

日本市場は新興へシフトしたまま年末相場に突入?今後の日経平均とマザーズ指数は