4563:アンジェス、4974:タカラバイオ、予防用DNAワクチン

日本株個別

4563:アンジェスが大阪大学と共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発に着手したと発表。4974:タカラバイオが製造を担当、プラスミドDNAの製造技術と製造設備が活用されるものと考えられます。

4563:アンジェスはストップ高しましたね。

4974:タカラバイオも大きく上昇しています。

予防用DNAワクチンの開発について会見が行われましたが、プラスミド大腸菌などの細菌や酵母の核外に存在し、細胞分裂によって娘細胞へ引き継がれるDNA分子の総称のことで、不活化ウイルスをワクチンとする方法(弱毒化ワクチン)や遺伝子組換えウイルスタンパク質をワクチンとする方法に比べて、短期間で製造プロセスを確立することが可能なところから着手に至ったようですね。