7564:ワークマンの株価考察

日本株個別

7564:ワークマンの株価考察です。考察からの値動きを追いながらその後の推移について検証していきます。

3/25 7564:ワークマンの株価考察

個別株の記事は非常に久しぶり(今年初)ですが、3/24に投稿したNYダウに比べいち早くリバウンド開始か「おまけの新興株」という記事の最後に軽くご紹介しましたので、その後の値動きを追っていきます。

作業着などを求めプロの職人が行く既存店の「ワークマン」に対し、取扱商品は同じだが、女性・若者向けに「見せ方」を変えた新業態「ワークマンプラス」が話題で、メディア露出も多いのが特徴。

全国856店(2月末現在)のうち直営店は20店ほどで、大半がFC加盟店。3/26に新たに5店舗オープンとなりますが、北海道、大阪、沖縄と地方のため延期などは起こりにくそうです。

月足で見ると昨年12月の高値10,570円から今年に入り急降下しており、今月の6,590円を超えてくるかどうかで来月からの見通しも立つのですが、今のところ市場が大幅変動している状態で常識的な戦略は通用しずらい、というのも考慮に入れますと一旦少額残しの利食いが望ましいかもしれません。

長期的な視野ではこの時期の客足伸び悩みが今年後半にかけて影響を及ぼすことはあきらかですので、安易に安い所をどんどん拾うというスタイルは難しいかもしれません。