3356:テリロジーの株価考察

3356:テリロジーの株価考察

3356:テリロジーの株価考察です。考察からの値動きを追いながらその後の推移について検証していきます。

4/8 3356:テリロジーの株価考察

本日前場引け前にZoom関連株・テレビ会議のセキュリティーで注目されている銘柄として紹介しましたが、後場はほぼ寄らずストップ高423円で引けています。

今年だけで1,055円から278円と3倍以上の値幅変動もあり、買戻し期待はもちろんテレワーク特需、Zoomの恩恵など様々な要因から上昇しています。

今後の値動きとしては3月中旬から後半にかけての過熱感が起きれば短期的な上昇が期待できますが、思惑には限りがありますので、特にスイング程度で考えている場合あまり高い所を拾わないように注意が必要です。

500円突破するようなことがある場合は利益確定が望ましいと現段階では考えられます。

4/8 3356:テリロジーの株価考察

4/9 3356:テリロジーの株価考察

正に昨日書いた通りのような値動きとなりました。

前場9時30分前までは寄らずに500円を突破。寄ってからものの1分弱で500円割れという値動きに。

昨日最初に書いた記事の時点では400円以下でしたから、短期的には大きく上昇しました。しかし遊ばれたような値動きとなってしまい、他のテレワーク関連株全般が上昇していることから資金は分散したものと考えられます。

4/9 3356:テリロジーの株価考察

4/19 3356:テリロジーの株価考察

買い残が膨れ上がっており、動くに動けない状態です。そんな中でポジティブな要素としては昨晩日本経済新聞にて「在宅勤務でサイバー攻撃増加 「Zoom」会議荒らし多発」と報じられているところでしょうか。

個別株の場合テクニカル度外視で急上昇することも多々あるため、一概には言えませんがこの状態では急騰、もしくは急落と、どちらの場合でも大きく動く可能性があるのでなんとなく希望を持って買っている場合は注意が必要です。

騰がればいいですが結果論ですからね、この銘柄にこだわる必要はなさそうです。

個別株の場合テクニカル度外視で急上昇することも多々あると言っておきながらテクニカルで見た場合、4/22~4/24辺りに急上昇でもしない限り短期的な雲抜けは難しいと考えられるので、そうなった場合5/14に控える決算もありますから、やはり注意が必要になりそうです。

4/19 3356:テリロジーの株価考察

4/24 3356:テリロジーの株価考察

本日、子会社のテリロジーサービスウェアが新型コロナウイルス感染拡大防止のための企業支援として、ZoonなどのWeb会議を使った遠隔会議通訳の無償提供を発表しました。

期間は7月31日までで、テリロジーサービスウェアの通訳オペレーターが会議や商談に参加し、通訳を行うとのこと。

テリロジー連結子会社テリロジーサービスウェア、新型コロナウイルス感染拡大対策としてZoom等のWeb会議を使った遠隔会議通訳を7月31日まで無償提供

テレワークセキュリティの観点から投資家にとっては非常にポジティブなIRと見て取れますが、これらの活用がどの程度のものかでも変わってきます。現段階ではどの程度需要があるのかは個人レベルでは不透明なので、来週の相場は少しおもしろい展開になるかもしれません。

来週400円割れが起きなければ、4/9高値の503円、3/13高値の533円までの上昇が期待できます。

4/24 3356:テリロジーの株価考察

5/14 3356:テリロジーの株価考察

本日引け後に発表された決算。

2020年3月期の連結業績にて経常利益は25.4%増の28.8億円、2021年3月期の連結業績予想での経常利益は30.6%減の2億円となっています。PTSでは現在547円と大きく売られていますが、先月より保有されている場合継続していてもいいように中期的な目線では思います。500円以上、またここ数日でのトレードの場合下手に買い下がると長期化するかもしれませんので、損失は少ないうちにロスカットして新たに買いどころを探るのがよさそうです。

5/14 3356:テリロジーの株価考察

■これから株式投資を始めたいと考えている方へ↓
株初心者のための株式入門【9つのステップでわかるはじめての株式投資】

■長期的に大底となり得る2020年のうちに株式投資を始めてみる↓

楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。
1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。
2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール
口座開設料・口座管理料は無料!
資料のご請求はこちら→楽天証券