AppleとGoogleがBluetoothテクノロジーの利用を可能にする共同の取り組みを発表

米国株個別

AppleとGoogleが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する政府と保健機関による感染拡大を防ぐ活動を支援すべく、ユーザーのプライバシーとセキュリティを設計の中心に据えた Bluetooth テクノロジーの利用を可能にする共同の取り組みを発表しました。

AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策として、濃厚接触の可能性を検出する技術で協力

新型コロナウイルスは感染者との接触により伝染する可能性があり、公衆衛生機関は、感染拡大を抑える上で濃厚接触の検出・追跡が役立つ手法と提唱しています。

そのため、世界の主要な公衆衛生当局や大学、NGOが、オプトイン形式の濃厚接触を検出・追跡する技術の開発しており、AppleとGoogleは、これらの取り組みを推進するためのAPIと、OSレベルのテクノロジーから成る包括的なソリューションを確立し、濃厚接触の可能性を検出するとしています。

濃厚接触者と思われる人の追跡という観点においては、アリババが開発した「健康バーコード」というのが既に中国の一部地域で導入されており、市民らは濃厚接触者かそれ以外の人かで色分けされていて、機械でバーコードを読み取ることで濃厚接触者が駅などの公共の場所に立ち入らないよう行動を管理するような設計になっています。

現時点でプライバシーの観点においてはプライバシー保護を維持しながら、同ソリューションの実装を計画するとしていますが、「健康バーコード」のような形式が実践的になる取り組みが現実的な方向へ進んでいくかもしれません。

自身が新型コロナウイルスに感染していないと考えている方には朗報ですが、濃厚接触者として判断されてしまえば監視対象になると言えますので、このような動きをどう捉え、どう解釈するのか。

どちらにせよ、大きな動きではありますので来週AppleとGoogleの株価には注目が集まりそうです。

■ AAPL:アップルの株価

AAPL:アップルの株価

■ GOOG:アルファベットの株価

GOOG:アルファベットの株価