突き抜けたい場面で突き抜けられなかった日経平均株価

相場のぼやき

昨日、そして今日と2営業日続けて日経平均株価は下落に転じてしまい、4/16に投稿した指数が重要な局面に差し迫っている件の中でご説明しているピンクのラインにぶつかってくる展開となりました。

踏まえて見ておくべき日経平均株価の価格帯は「20,350円近辺」とお伝えしていますが、一目均衡表の雲をこのタイミングで突き抜けられなかったため日柄にズレが生じています。つまりこんなところで上昇前の調整が入っている可能性があるわけです。

ここで上昇出来なかった点、そしてピンクのラインにぶつかっている点を踏まえると、明日踏みとどまって上昇するか、更に下落を招いてしまうかでこの少し先の展開はかなり変わっていきます。その点は既に多くの投資家さんも予想されていることでしょう。

週足の観点からすると調整して当然な価格帯であることは間違いありませんので、このセオリーに沿った場合は5月相場までもつれこむかもしれません。

詳しくは数日中にチャート画像つきでの解説記事を投稿させて頂きます。