先物一時19,000円割れ

相場のぼやき

ダウ平均株価は米原油先物相場安を受けて投資家がリスク回避姿勢を強める中続落しており、その影響からか先物も大きく下落、一時19,000円割れの展開となっています。

このまま明日の日経平均株価に大きな影響を与える可能性が強く、昨日投稿した指数が重要な局面に差し迫っている件でご説明しているピンクのラインをほぼ確実に割ってしまうと考えられます。

短期的な調整に入る可能性があるため、先物は短期でのショートを狙いやすいかもしれませんが、現段階では18,540円近辺までの模索に留めておいた方がよさそうです。

本日はKO:コカ・コーラ、NFLX:ネットフリックス、PM:フィリップ・モリス、LMT:ロッキード・マーチンなどの決算があり、更に下落があるか、もしくは回復するかで動向も変わってきますので注意が必要です。