今夜の雇用統計に注目

今夜の雇用統計に注目

雇用統計に関連して、米労働省は7日、先週1週間の失業保険の申請件数が316万件にのぼったと発表。およそ1月半の間に申請数は4,000万件に迫る勢い。また4月の米国企業の人員削減数は1,576.9%増。

市場エコノミストは平均予想で、失業率が過去最高となる16%まで上昇、非農業部門雇用者数は前月比2125万人減と過去最大の減少が予想されています。

しかしこの結果については先月の雇用統計が発表されていた時点で懸念され続けたものですので、市場予想とかけ離れたものにならなければ織り込み済み、過去最大の減少であっても予想より少なければ本日のダウ平均株価は大きく上昇する可能性もあります。

チャートだけをみてみると窓を開けやすい位置ですので、その場合4/29高値24,764.77ドルにどこまでせまるか、また市場予想を下回った場合22,800ドル付近までの下落も想定できますので、この両極端な値幅予想で見ておいた方がよさそうです。

■これから株式投資を始めたいと考えている方へ↓
株初心者のための株式入門【9つのステップでわかるはじめての株式投資】

■長期的に大底となり得る2020年のうちに株式投資を始めてみる↓

楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。
1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。
2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール
口座開設料・口座管理料は無料!
資料のご請求はこちら→楽天証券