来週少しだけ警戒すべきポイントとは?

来週少しだけ警戒すべきポイントとは?

19日に投稿しました「上値を押されながらも強引に高値を取っていく日経平均」にて、直近では21,300円近辺を狙っていくのではないかと見ています。と書きましたが、どうも怪しい値動きなので来週からの警戒すべきポイントを少しお話しさせて頂きます。

今のところ引けにかけて20,280円までの下落はまず考えにくいのですが、念のため警戒しておいた上で来週にかけて20,300円近辺までの一時的な下落を想定しておきます。その上で来週5/21高値を更新できない場合、少し売りムードが強まる展開が予想できます。

日銀の臨時会合にて予想通りですがサプライズは起こらず、この上を買う材料は少し足りないのではないかとおそらくほとんどの投資家が思っていると思いますので、ここから買うには厳しく、さらに追い打ちをかけるように新興があまりにも強いので一時的なピークが来る懸念があるというのがひとつのポイントとなります。

マザーズ指数においては既に新型コロナウイルスの影響による下落を回収しており、買いが先行しすぎているのでデイトレであってもそろそろ新規買いは警戒が必要かもしれません。値動きが荒い銘柄が多いですからね。

■これから株式投資を始めたいと考えている方へ↓
株初心者のための株式入門【9つのステップでわかるはじめての株式投資】

■長期的に大底となり得る2020年のうちに株式投資を始めてみる↓

楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。
1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。
2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール
口座開設料・口座管理料は無料!
資料のご請求はこちら→楽天証券