先物ショートが功を奏す

22000円台の先物がいつまでも続くわけがありません。

ショートがここにきて安心圏内に突入しています。

NYダウのこの下落はそう簡単に戻せずに引けると捉えると、明日の寄付きから少しおもしろい展開が予想できます。

しかし21600円台以下までいくのかは短期的には難しいところでもありますのでショートポジションを抱えすぎないことがコツです。