NYダウの大窓と日経平均の窓

ダウ平均株価は500ドル近い窓を開けて下落となりました。丁度切り返し始めてはいますが、この窓を埋めるのはなかなか至難の業なのではないでしょうか。

きっかけは明らかに米中貿易摩擦の長期化によるものなどがありますが、トドメを刺したのは昨日の米国9月ISM製造業景況指数。

本日10/3の日経平均はこのままだと9/11.12につけた窓埋めはほぼ確実となり、下降トレンド入りせざるを得ませんが、日本株がどこまで踏ん張れるのかは来週、再来週にかけて非常に重要な相場になりそうです。