NYダウとNASDAQとS&P500注目点(9/12)

指数・指標

NYダウはおおよそ7/31の水準にまで達しており、今晩の値動き次第では7/16高値27398.68ドル超えが視野に入ってくるが、欧州中央銀行(ECB)理事会では追加緩和策の採択がほぼ確実視されており、サプライズがない限りは今後の上昇にも期待出来そうです。

NASDAQはそこまで大きな値幅で推移しているわけではないので割と慎重にも見えますが、先日新製品を発表したNASDAQ:AAPL(アップル)が2ドルほど値上がりし、新型iPhoneが予想以上に好感触だったのかと思ってみたりしています。前半はNYSE:UBER(ウーバー・テクノロジーズ)の上昇もおもしろかったですね。

ウーバーとリフトの株価上昇、米加州雇用法案の適用免除に期待感

S&P500については似たようなもので妥当な推移。いずれにしてもこの流れが明日どう変わるかで来週の目安となります。