ノーベル賞・医学生理学賞とバイオ関連株

日本株個別

2019年のノーベル賞・医学生理学賞は、ハーバード大学のウィリアム・ケーリン教授、オックスフォード大学ピーター・ラトクリフ教授、ジョンズ・ホプキンズ大学のグレッグ・セメンザ教授の3名が授賞となりました。

酸素の基本的な重要性は何世紀にもわたって理解されてきましたが、細胞が酸素レベルの変化にどのように適応するかは長い間知られていませんでした。今年のノーベル賞・医学生理学賞作品は、細胞が酸素供給の変動にどのように適応するかを支える分子メカニズムを明らかにしています。

今回授賞した3名はさまざまなレベルの酸素に応答して遺伝子の活性を調節する分子機構を特定。

酸素検知は、多くの病気の中心です。今年の発見#NobelPrize受賞者は生理学にとって根本的な重要性を持ち、貧血、癌、その他多くの病気と戦うための有望な新しい戦略への道を開きました。

これら細胞の低酸素応答の仕組みの発見が評価され授賞理由になっているようです。

日本人授賞とはなりませんでしたので、バイオ関連株の失速が懸念されますが、個別では2370:メディネットのような材料が出ている銘柄もありますので、すべてではなさそうです。