先物は3連休控えナイトセッションが重要に

NO IMAGE

現在日経平均先物は21,770円でその後大きな動きを見せていません。

SQ値は概算で21842.63円ですので、まだ下の水準です。

昨晩トランプ米大統領は、米中閣僚級貿易協議の初日について「非常にうまく行った」と述べるとともに、11日には中国の劉鶴副首相と会うと語り米国株は上昇。米中が今後の経済のカギにもなっていますので、順調に話が進んだことが伝えられると市場も前向きに動きます。

現段階では強気相場に発展すると考えるのが妥当なんですが、3連休明け何が起こるかわからず、ニューヨークの時間まで慎重に見ておく必要がありそうです。