TOPIXの下落に注意!明日にかけて日経平均一旦下落

NO IMAGE

前回、月内日経平均23,000突破という記事を書きました。23,000円突破に向けた売りが明日にかけて発生しそうなので大型株の値動きには注意が必要です。

日経平均は本日高値を更新してきており、22,780.99円、そして先物に関しては夜に一瞬22,800円をつけました。そのため現在は昨日からの小さな窓が出来上がっているので、もう一段来ると見られやすいのですが、10/10から見ると窓が4つ目となるので、このような場合調整が入る可能性があります。

現にTOPIXは前場寄り付き近辺は高かったものの、その後下落傾向を見せており、引け迄に値を戻すかもしれませんが、そうなった場合先物に影響を与えやすい為替や海外市場の動きが重要となります。為替については短期的に見て108.72を超えられない場合落ちてきやすく、その推移のまま米国時間となると現在5日連続陰線のダウ平均株価が重しをかけてくると考えられます。

ダウ平均株価の場合は5日陰線のため反発も起こりえますが、日本の高値一服、週末要因などを考慮すると明日は下落しやすいと見られますので先物の短期は注意が必要です。

ショートを既に狙っている投資家も多いようですが、月内日経平均23,000突破を想定しているためここでのショートは非常に難しいと感じています。もちろんこれは現段階での解釈ですが。

下落が起きるなら22,500近辺から再び下支えと共に買われやすい形となり来週の相場で再び上昇、万が一月内予想が外れてしまっても11月には上昇すると見ています。

日経平均月内23000円突破