株主になるとどんな権利があるの?

株主になるとどんな権利があるの?

株主になるとどんな権利があるの?

株主になるとどんな権利があるの?

この質問にお答えいたします。

株主とは株の持ち主のことで、例えばA社の株を買った場合、あなたはA社の株主となり、出資者の1人となります。

そのため株主になると、その人にはいろんな権利が与えらます。

① 配当をもらう権利

配当請求権と言って、会社が利益を出したら、その会社の株主は、持っている株式の数に応じて利益の一部を受け取ることができます。

株主である以上、少しでも多くの配当を得たいのは当然で、そのため議決権の権利も与えられています。

② 議決権の権利

議決権とは、簡単に言えば会社の経営に口出しする権利です。

株主が集まってその会社の経営について議論する「株主総会」という会議に出て意見を言うことができます。

③ 残余財産分配請求権

万が一会社が倒産してしまった場合、その会社の残った財産の一部を受け取ることができます。これを残余財産分配請求権と言います。

しかしこの場合、株式を得るために最初に払ったお金(株の購入資金)は返金されません。

倒産しそうな企業へ投資しないことです。