株式投資にかかる税金って?

株式投資にかかる税金って?

株式投資にかかる税金って?

株式投資にかかる税金って?

この質問にお答えいたします。

株を売って利益が出たり、配当金をもらったりした場合、「税金」がかかります。

そして原則的には「確定申告」をして、株式投資にかかる税金を支払わなければなりません。

株式投資にかかる税金は2種類あります。

1.譲渡益課税

譲渡益課税とは、株を売って得られた「値上がり益」にかかる税金。

個別株などで株式投資を行っている場合はこちらが税金の対象となります。

2.配当課税

配当課税とは、企業から受け取る「配当金」にかかる税金。

こちらは現物取引にて投資を行っている場合で、配当金が発生した場合が対象となります。

株式投資にかかる税金

「譲渡益課税」「配当課税」のどちらも税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)で、売買方法や証券会社に関わらずすべて統一となっています。

確定申告について

証券会社に税金を「源泉徴収」をしてもらう方法があり、この場合ですと確定申告をする必要がなく、とっても便利です。

証券会社に口座登録の申し込みをする際、入力フォームに「特定口座利用の申し込み」という項目があります。

その際、「特定口座・源泉あり」「特定口座・源泉なし」「一般口座」という3つの選択肢があるので、そこから「特定口座・源泉あり」を選択しておくと、特定口座での取引となります。

もちろん開設済みの口座でも設定の変更が可能だと思いますので、ご利用の証券口座で自身の情報を確認してみてください。