株初心者にもわかりやすいETF投資で分散投資を図る方法

株初心者

株初心者にもわかりやすいETF投資で分散投資を図る方法

ETFってよく聞くけどいまいちよくわからないという方、個別銘柄の投資ばかりでは難しいと考えている方に最適なのがETFです。

ETFは特に株初心者でも簡単に取引できる方法のひとつでもありますので、この記事ではETF投資で分散投資を図る方法についてご説明いたします。

記事の最後には最低限見ておくべきETFの銘柄名も合わせてご紹介いたします。

ETFとは?

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

取引所に上場しているため、個別株・個別銘柄のように取引することができます。

ETFは株式同様上場しているため、個別銘柄と同じように相場の値動きを見ながら、市場の取引時間中であれば、いつでも売買できます。

どちらかと言えば個別銘柄の売買のようなイメージを強く持っているため、投資信託といえど自動積立投資などのような仕組みはありません。

投資信託の意味が分からない方は個別銘柄の投資だと思ってしまったもいいかもしれません。

ETFが初心者にもわかりやすい理由

ETFが初心者にもわかりやすい理由

ETFが株初心者にもわかりやすい理由としては、まずは上記で述べた通り、個別銘柄の投資に近いという点。

市場の需給が反映される傾向が強く、初心者でも値動きや損益判断がしやすいんです。

ブルベアという言葉をご存知でしょうか?

ブルベアとは、相場の強気・弱気を示す言葉で投資信託では、ブル型、ベア型の商品が販売されていて、ブル型は相場が上昇しているとき、ベア型は相場が下落しているときに利益が出るように設計された商品となっています。

ブル(Bull)は強気のことで、雄牛が角を下から上へ突き上げる仕草から相場が上昇していることを表し、ベア(Bear)は弱気のことで、熊が前足を振り下ろす仕草、あるいは背中を丸めている姿から相場が下落していることを表す言葉として使われています。

ETFには指数を取り扱っているものがあり、例えば日経平均ブル、日経平均ベアという商品があります。

個別銘柄の動きについていけないのならまずは、日経平均の値動きを考えて、日経平均が上がると思うならブル、日経平均が下がると思うならベアに投資することができます。

昨今、日経平均の変動が大きな日の売買代金ランキングを見てみると、日経平均ブルベアのETFがランキング上位にいる場合があります。

これは多くの投資家が日経平均の変動を見越してETFに投資をしているということです。

また低額で始められてしかも低コスト。

ETFでは現物株式のように売買単位が100株と決められていないため、単元1株から購入できる場合もあります。そして指標に連動した値動きをする商品なので運用コストが安く抑えられるのも大きな特徴です。

最低限見ておくべきETF

上記で述べた通り、日経平均のブル、ベアにあたるETFは監視しておいて、場合によってはリスクヘッジとして保有するのが理想的です。

一般的な連動型のETFは、1321:日経225連動型上場投資信託が日経平均、1306:TOPIX連動型上場投資信託がTOPIXの連動型ETFになります。

その他では、

1458:楽天 ETF-日経レバレッジ指数連動型
1459:楽天 ETF-日経ダブルインバース指数連動型

こちらが楽天が運用するETF、ブルとベアです。

1570:(NEXT FUNDS) 日経平均レバレッジ上場投信
1357:(NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信

こちらのNEXT FUNDSは野村アセットマネジメントが運用するETF、ブルとベアです。

1579:日経平均ブル2倍上場投信
1360:日経平均ベア2倍上場投信

こちらは日経平均レバレッジ・インデックスを対象指数とし、対象指数に連動する投資成果を目指すETFです。

他にも証券会社の投資信託商品としてのETFがありますが、株初心者の場合はまずこれらを知っておいて、他にも気になったら調べてみるのがいいかもしれません。

一辺に覚えるのは難しいですからね。

効率よくETFに投資する

分散投資を考えているのであれば、そのうちの少しの資金でもETFに資金を回しておくと、リスクヘッジにもなりますし、初心者がやってしまいがちな巨額なマイナスをなるべく抑えられるようにもできるかもしれません。

指数の大きな変動を予想できるタイミングで買っておいて中長期で保有しておくのも理想的な投資報のひとつと言えるでしょう。