TOPIXとは?日経平均とどう違うの?株初心者でも知っておくべき重要指標「TOPIX」について解説

TOPIXとは?日経平均とどう違うの?株初心者でも知っておくべき重要指標「TOPIX」について解説

日経平均とは別に耳にするのがTOPIX(トピックス)

初心者のうちはTOPIXってどんな指標なのかわからず終いのまま投資をしている人もいるのではないでしょうか?

しかしTOPIXも日経平均同様、株初心者でも知っておくべき重要指標のひとつです。

この記事ではTOPIXについて徹底的にご説明いたしますので、この機会に覚えてしまいましょう。

TOPIXとは?

TOPIX(トピックス)とは、東証株価指数(Tokyo Stock Price Index)の略称で、東証一部に上場している全銘柄の合計時価総額を対象とした株価指数のこと。

日経平均株価は東証一部に上場している日本企業の中の225銘柄を対象としていますが、TOPIXは東証一部に上場している全銘柄の合計時価総額を対象としているため、日経平均とはまるで違います。

TOPIXが正式に算出開始されたのは1969年。

その1年前1968年の1月4日の時価総額を100ポイントと定め、構成銘柄の時価総額を指数化しています。

TOPIXと日経平均の違い

TOPIXと日経平均の違い

先ほど述べた通り、日経平均株価は東証一部に上場している日本企業の中の225銘柄を対象としていますが、TOPIXは東証一部に上場している全銘柄の合計時価総額を対象としています。

極端な話を例とするならば、日経平均は付与度指数の高い「ファーストリテーリング」、「ソフトバンク」、「ファナック」の3銘柄がストップ高になった場合(まず現実的には起こりえない例ですが)TOPIXの上昇率よりも日経平均の上昇率の方が大きく上回り、ひどい乖離が出来上がるはずです。

日経平均が大きく上昇するため日本市場の景気が上がった!と考えがちですが、単に3銘柄の調子がいいだけでは日本市場全体の景気がいいとは言い切れません。

そこで日本市場全体の景気はどうなの?と思った時に見るべきなのか「TOPIX」なんです。

TOPIXの注意点

TOPIXは東証一部に上場している全銘柄の合計時価総額を対象としているため、当然時価総額の大きい銘柄が値動きを左右する場合もあります。

TOPIXが大きな変動が起こる時は、日本市場全体の景気が良くなったのかをさらに細かく見る為には、セクター別の値上がり率NT倍率を合わせて見ることをおすすめします。

TOPIXの基本(まとめ)

TOPIXは東証一部に上場している全銘柄の合計時価総額を対象とした株価指数で日経平均と共に重要な指数。

日本市場全体の景気動向を見るには最適な指数、と覚えておくといいでしょう。