株主総会っていつ開催されるの?

株主総会っていつ開催されるの?

株主総会っていつ開催されるの?

株主総会っていつ開催されるの?

この質問にお答えいたします。

株主総会とは、株主を構成員とし、株式会社の基本的な方針や重要な事項を決定するための株式会社の最高意思決定機関のこと。

決算日を基準日として3ヶ月以内に定時株主総会を開催する必要があります。

例えば3月が決算であれば、6月末までに開催されます。

また特定の議題について承認を得ることを目的として、必要がある場合に招集される場合は臨時株主総会として開催される場合もあります。

定時株主総会

通常は決算後3カ月以内に開催される株主総会のことで、年に一度行われます。

決算時期に現物で企業の株を保有されている方は総会に参加ができ、開かれる前は、大体2週間前くらいまでに株主総会の案内が郵送されてきます。

大抵は、当期事業年度の決算報告・承認や、事業報告の内容報告、役員報酬の金額や剰余金の配当等を決めるものです。

臨時株主総会

主に、補充取締役の選任や、非公開会社の第三者割当の商人、新株予約権の発行などを決定するもので、必要がある時に、いつでも臨時に開催をすることができる株主総会のことです。

会を開く前の1週間前までに招集決定を発送します。

臨時株主総会は、定時株主総会を行ったうえで開くもので、招集が行われるかも任意なので、定時株主総会に比べ、必要性は低い印象ですが、最近では不祥事などを理由に開催されることもあるため参加者も非常に多いのが特徴かもしれません。